シャクリーは副業としてアリ?ナシ?そのポイントと注意点をまとめてみた

近年、副業の選択肢の1つとしてシャクリーが密かに注目を浴びているのをご存知ですか?

フルタイムで仕事をしていて、これ以上アルバイトなどで働くことが難しいけれど収入をアップしたいという人や、自宅で簡単にできることで収入を得たいという人に人気な様です。

難しい知識やスキルは必要ないので、会社員だけでなく主婦が空いた時間を利用して副収入を得ることも可能だと思います。

ここでは、そんなシャクリーを副業としてすることは

 

・会社員にとって認められているの?

・主婦が空いた時間で収入を得ることができるの?

・成功するためのポイントはあるの?

 

といったことをご紹介しますね。

シャクリーの副業は主婦にもできる?

シャクリーは、人と人とのつながりを生かして収入につなげるというものです。

もちろん、どんな商品やサービスを販売するのかによっては、その商品やサービスに関する専門的な知識などは必要となります。

しかし難しい知識やスキル、また社会経験や学歴などがなくても始めることはできますし、稼ぐこともできます。

それが、このビジネスの最大の特徴だと思います。

友達の輪が広い人なら楽しくお金を稼ぐことができますし、良い商品を紹介するのなら紹介した人が別の人にも販売してくれるので、どんどん収入は増えていくことになります。

一般的には、シャクリーはスタートしてから実際に満足できる収入を稼げるようになるまで、1年~3年ぐらいの時間がかかると言われています。

仕事をやめてシャクリーを専業にするのは、そういう理由からもオススメではありませんし、多くの人は仕事の傍らでアルバイトとして始めているのではないでしょうか。

そう考えると、主婦の人にとっては他に仕事をしていないので時間的に余裕があるわけですし、いろいろな面でフレキシブルに対応でき、とても向いているお仕事だと思います。

 

 

シャクリーを在宅で完結できたら子供と一緒にいる時間と収入も増えますよね?

 

シャクリーの副業で成功するポイント

人と人とのつながりがとても大切なシャクリーでは、専業でも副業でも成功するためには、やはりその人が持っているオーラというか雰囲気というか、「気」みたいなものがとても大切だと思います。

ポジティブな雰囲気を漂わせている人なら、なんとなく販売している商品も効果があるような気がするものですし、ネガティブで暗い感じの人だと、どんなに優秀な商品を販売していたとしても、なんだか効果に疑問を感じてしまいますよね。

もちろん、商品が優秀であることはシャクリーで成功するための大きなポイントではありますけれど、それ以上に、携わる人のオーラは、成功するための大きなポイントになります。

もう一つのポイントは、副業だからと適当に対応したりせず、専業でやっているのと同じぐらいエネルギーを注ぎ込むことが大切です。

もちろん、フルタイムで仕事をしていれば、始めたばかりの副業よりも本業の方が大切ですし、時間やエネルギーもどうしても本業とそうでない方とでは差がつきますよね。

しかし、成功するためには、本業でなくてもできるだけエネルギーを注ぎ込むことが、のちに成功に導いてくれる鍵になるのだと思います。

シャクリーを副業にするのはダメ?

シャクリーに限らず、会社の就業規約によってアルバイト禁止となっている所は、残念ながらこうしたお仕事で副収入を得るのはグレーゾーンですね。

労働収入を得る仕事はNGだけれど、雇用主と雇用関係を結ばないネットワーク系のお仕事はOKという会社もありますし、公務員のようにそうしたお仕事もNGとなっている所もあります。

その辺は、勤務先の就業規則を読んで確認したほうが良いと思います。

それともう一つ、会社によって禁止されているわけではないけれど、本業に影響が出るような働き方はNGだと思います。

もしも本業の生産性が下がってしまうと、会社からの評価も下がるということですから、いろいろ長期的にトラブルの原因になってしまうかもしれませんよね。

成功するためには本業と同じぐらいの情熱とエネルギーを注ぎ込むことが必要ですけれど、バランスを考えながら、本業に影響が出ないように取り組むのが良いと思います。

このビジネスモデルは特定の雇用主と雇用契約を結ぶという働き方ではありませんけれど、公務員のようにそういう働き方でもバイトはNGとなっている企業もあります。

まずは職場に確認するのが良いと思います。

まとめ

シャクリーは、これまで働いていた正社員のお仕事をやめて、最初から専業で取り組むという働き方はおすすめではありません。

やはり最初は副業という位置付けで始めて、収入面などが軌道に乗ってきたら正社員のお仕事をやめようかなという選択肢が生まれるものだと思います。

成功させるためには、エネルギーをたくさん注ぐことが必要不可欠ですけれど、本業に影響が出ないようにバランスを取りながら続けるのが、長く続けるためのコツではないでしょうか。

心配な人は、後から後悔しないためにも、まずは職場に確認をして大丈夫だと分かってから始めてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました