全国福利厚生共済会(プライム)はどうやって稼ぐの?報酬の仕組みについて調べてみた

全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスは、特定の商品を口コミや紹介などで販売することによって報酬を得るという仕組みのビジネスモデルです。

企業にとっては、膨大な広告宣伝費を使う必要がなく、コスト削減というメリットがありますし、働く側にとってもノルマなどはなく、マイペースで収入を得られるという魅力がありますよね。

ところが実際に始めてみると報酬プランが複雑で、報酬が入ってくる仕組みが分かりにくいということはありませんでしたか?

私も以前、口コミでビジネス活動をしていた時にあまりの複雑さになかなか覚えられずにいた記憶があります(^-^;

今回は多くの方が一度は悩んだ経験のある全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスの報酬の仕組みについて調べてみました。

全国福利厚生共済会(プライム)で報酬が生まれる仕組み

全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスでは、特定の商品を使っている消費者が、各自お友達や知り合いなどにその商品を口コミで販売することで報酬が発生します。

この流通形態を、MLM流通と言います。

企業にとっては、CMを作ったり雑誌とか新聞に広告を載せる必要がなく、宣伝広告費を大幅にカットすることが可能となります。

その分を、口コミで販売してくれた人にバックしましょう、というのがこの全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスで報酬が生まれるシステムとなっています。

具体的に商品を1つ販売して得られる報酬の金額というのは、商品によって多種多様です。

しかし、全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスでは、自分が商品を販売した人が、さらに別の人に販売してくれるため、自分が直接販売したことによって得られる報酬だけではなく、自分が販売した人が販売した売り上げのいくらかを報酬として受け取る事ができます。

マルチな報酬システムなので、長く続ければ続けるほど収入が高くなりますし、ネットワークを生かして積極的に販売したほうが、報酬アップにもつながるというわけですね。

ちなみに、全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスでは、他人に販売するだけではなくて自分で購入して商品を使うこともできるので、その商品を気に入って使っている人にとっては、ビジネスチャンスもゲットできてとてもお得ということになると思います。

全国福利厚生共済会(プライム)の利益はこんな仕組み

全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスでは、自分が気に入って使っている商品を他の人にも勧め、その人が購入してくれたら自分にいくらかの利益が入るという仕組みとなっています。

稼ぐ仕組みとしてはいろいろな形態はあるものの、一言で言うなら、自分の下にどれだけの販売ピラミッドを築けるかによって、利益が大きく変わってくるのだと思います。

お友達とか知り合いが多い交友範囲の広い人なら、商品をすすめられる人が多いわけですし、その人たちが別の人達にすすめてくれれば、とても良い商品を口コミで知り合いに教えたという喜びと同時に、利益が入ってくるという流れとなります。

よく、全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークのビジネスはねずみ講だと勘違いする人がいますけれど、これは全く異なります。

ネットワークビジネスでは、商品の販売がメインとなるので、新しい会員が全然稼げないということはありませんし、損をするという悲劇にもなりません。

積極的に商品を知り合いに勧めれば勧めるほど、その努力が認められて企業から利益というお礼を受け取るのが、このネットワークビジネスで稼ぐコツです。

始めてから収入が安定するまでに1年~3年ぐらいかかるというのは、そうした販売ネットワークを構築するのには時間がかかるからなのだと思います。

忙しいあなたの代わりに100人のリストを集めてくれる集客法とは?

全国福利厚生共済会(プライム)の仕組みを理解して口コミしたい

全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスでは、仕組みをきちんと理解した上で、口コミで商品を宣伝販売することで利益を得られます。

私も実際に商品を宣伝すると、ねずみ講かと思って警戒されてしまうことがとても多かったです。

この全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスとねずみ講との違いを理解していなければ、「そうじゃない」という反論しかできないかもしれません。

でも違いを理解していれば、どんな所が違うのかという点も含めて全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークビジネスの魅力を伝えることができますし、誰も損をすることなく気に入った商品を知り合いに勧めることが利益につながる素晴らしい仕組みだということを分かってもらえます。

ネットの口コミなどを見ても、最初は怪しいねずみ講かと思ったけれど、友人に違いを説明してもらって納得でき、副業として始めてみたらトントン拍子に利益が増えた、という話などは多いですよね。

モノを必死に売ろうという貪欲さがなくても、気に入った優秀な商品を友人に勧めるだけで利益につながるのですから、これは素晴らしいと思います。

だからこそ、自分が自信を持ってすすめられる商品であることは大切です。

まとめ

全国福利厚生共済会(プライム)などのネットワークのビジネスは、自分自身でたくさんの友人や知り合いに特定の商品を紹介し、その人たちが購入してくれれば、利益を得ることができます。

しかしそれだけではなくて、自分が商品を販売してくれた人たちが別の人に販売してくれても、そのいくらかを利益として受け取ることができます。

つまり、自分を頂点とした販売ピラミッドを築けば、長期間にわたって安定した利益を得られるという仕組みなのです。

ねずみ講のように詐欺まがいのビジネスではありませんし、商品販売を主体としたものだという違いを理解しておくこともまた、商品を進める時には持っていると便利な知識だと思います。

タイトルとURLをコピーしました